キノコ3種

北海道にくるまで、キノコ採りなんてしたことは無かったのだけれど、
秋に入ってというものの、毎日のようにキノコを採っています。

山仕事の師匠・新田さんには仕事だけでなく、その合間にキノコの種類や場所も教わっています。「山の仕事は楽しみもなくっちゃな」というのが新田さんの口癖。

d0051707_21125889.jpg

ハナイグチ

別名ラクヨウキノコ。カラマツの造林地に生えます。比較的見分けやすく見つけやすいので、北海道ではとてもポピュラー。たくさん採れて味も良し。汁物がいけます。
d0051707_21152249.jpg

ツバナラタケ

このあたりでは「ボリボリ」と呼ばれます。こいつはどこにでも出るし、量も採れる。
d0051707_21171370.jpg

モミタケ

トドマツ・アカエゾマツの林地にひときわ目立つ大型のキノコ。白いマツタケなんていわれるけど、香りや味は劣ります。バター炒めにして歯ごたえを楽しむ。

さて、是非とも狙いたいのはマイタケとホンシメジ。
だけど、こればっかりは新田さんも場所を教えてくれません。
山一年目の私には程遠い存在です。いつか自分で見つける日を・・・
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2006-10-01 21:23 | | Comments(0)