敗北

夕刻の幌内川。

流れ込みと渕が複合した好ポイント。
ウェットをダウンで流し込む。一発でガツン!と来た。
走り出しの初速度でリールが鳴き、竿が引き倒される。

その後、ニジマスは5番ロッドをバットからひん曲げたまま、流れのド真ん中に定位する。
いくら揺さぶりをかけても、岩のように動かない。

これはかつて無い大きさ!
目標としていた50cmはゆうに超える!
人間と綱引きをしながらも、どっしりと泳ぎ、うろたえもしない。

我慢比べが続く。
魚は、優位になるポジションを求めて流れの筋を幾つか変える。
私は奴の体力を消耗させるべく、常に魚の下流側に位置取れるようにロッドをさばく。

均衡を破ったのは魚のほうだった。
身をひるがえした。流れに乗って、ものすごい勢いで下流に下ってゆく。
止めねばならない。ロッドを立てたまま石を蹴って追いかける。

渕の直下はガンガンの瀬。倒木もある。
ここを行かせてはならぬ、と無理をして踏んばったその瞬間、
ティペットは緊張を失い、ラインは宙を舞った。

・・・惨敗。痛恨。自責。

『くやしぃぃーー!!!』
[PR]
Commented by tune at 2006-07-26 22:17 x
おいおい。。。これはおれに「河の準備もしてこい」ってメッセージか??
ちなみに昨日フェリーのチケットを予約しました。
27日に上陸します。その日に苫小牧からオホーツク目指し激走します。
ああ、おれはなんだかんだいってもフェリーが好きだぜ。
Commented by akisiko at 2006-07-27 22:13
悔しい思いが多いほど、釣れたときの喜びは大きいものさ。
簡単に釣れる釣りなんて・・・確実に釣れる釣りなんて…
でも、遠路はるばるやってくる大兄には、是非いい思いをしてもらいたい。
とりあえずカラフトマスと堤防の投げ釣り、しよう。
一日二釣種のダブルヘッダーは、おれも最近やってない。
へとへとになるまで釣り浸りだ!

して、苫小牧からはレンタカーで来るの?
道中気をつけてね。
Commented by tune at 2006-07-28 23:35 x
ふふふ、フェリーで行くからには当然マイカーで上陸&さらなる北上。
そして帰りは陸路で帰京。東北の穴場スポットあったら教えてね。
北海道の地図をながめ想いをはせる日々。あーたのしみだあ!
Commented by akisiko at 2006-07-29 20:02
>Tune大兄

>そして帰りは陸路で帰京。

・・・!! まじで!? やる気ありすぎ。
東北の穴場かぁ。いろいろあるよ。
フェリー上陸地点にもよるけど、下北半島大畑川、秋田県矢島町、母校のある岩手県三陸町、etc。
どこもこれといって見どころの無いところだけれど、リアルみちのくが味わえるよ。もちろん釣りには最高の所だ。

こっちは冷夏の心配をふっとばし、30℃オーバーの夏がやってきました!
山も海もスイッチオンです!!

ま、じっくり計画立ててよ。
地図眺めるのも旅行の楽しみのひとつだよね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2006-07-25 20:59 | | Comments(4)