「アニミズムという希望」 (続)

「アニミズムという希望」 (山尾三省著・野草社)について生意気にも書評じみたことを書こうと思っていたのだけれど、それはあまりに身の程知らずだったということが、この本を読み終えた後の感想だ。

この本は、著者の5日間に渡る琉球大学における講演の記録であるが、わかりやすく論理的で叙情的な語り口とともに多数の詩の朗読や宮沢賢治論、小林一茶論、西洋哲学、インド哲学などなど多彩なテーマを巡ってゆく。その行き着く先、というか基底にあるのがアニミズムだ。

前回ここに書いた、私が読前に思っていたことに対する答えとなるような文章が記されていたので多少長くなるが引用しよう。

「縄文杉は、私にとっては縄文杉というカミの樹なんですが、皆さんもご自分の木というものをこの世界のどこかに見つけるといいと思うんですね。ただ一本の樹木でも、それを自分のカミの樹として持つことができるなら、世界はそれだけで意味を回復します。
(中略)
自分の生きることと死ぬことをかけて大事に出来るような樹木というものを探すことですね。
(中略)
自分の生死を託すほど大事にする木というものを見つけてしまうと、生きるということがずいぶん豊かに、楽になります。
(中略)
それはまったく個人によって成り立つ個人のための宗教です。パーソナルな宗教ですね。パーソナルな宗教の神様を『カミ』といいます。」

「太古の昔よりもっと昔の昔の頃から、人間に深い喜びを与えてくれるものに対して、人はそれをカミと呼んできたのではないかと思うんです。ですからカミの起源は、美しいもの、喜びを与えてくれるもの、安心を与えてくれるもの、慰めを与えてくれるもの、畏敬の念を起こさせるもの、そういうものは何でもカミであり、現代においてもそれはいささかも代わらないと思うんです。」

著者はこのアニミズムという考え方が、現代を生きるにおいて、個人にとっても社会にとっても重要な方法論であるのではないかと論ずる。個人の自由を勝ち得たがために行き場をなくし、経済至上主義という神話に行き詰まりを感じ、環境問題に直面するわれわれが回帰すべき思想だ。

さて、私は今、北海道というカミの地に住んでいる。カミ=アイヌ語でカムイだ。ここにはカミの魚である鮭(カムイチェプ)が住み、山のカミである熊(キムンカムイ)が住む。
足を一歩踏み出せば、そこここにカミが宿っている。それを実感できる土地だ。
この地に住むことになったこと、そしてこの本に出会ったことに感謝をして、明日に向かおう。
[PR]
Commented by tossy at 2006-03-28 05:56 x
今日はこちらは雨になるそうです。雪マークのついてるところもあったなぁ。ふきのとうの花の開き具合は、こっちとあまり変わりないねぇ。先日大船渡のあさりをいただき、みそ汁をつくりました。庭のふきのとうをきざんではなして食べたよ。
Commented by akisiko at 2006-03-28 09:27
おす、とっしー。ひさしぶり!順調かい?
>ふきのとうの花の開き具合は、こっちとあまり変わりないねぇ。
あ、そうなんだ。本格的な春はこれからってところかな。
よい春を迎えられますように!!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2006-03-27 19:06 | | Comments(2)