いくら定食

d0051707_20554214.jpg
これぞアキアジの醍醐味。
いくら丼に焼き漬けにアラ汁。

焼き漬けというのは鮭の切り身を焼いて、醤油だれにつけた郷土料理。
地味だけどじんわりと味が染みています。

いくら丼、ウマッ!おかわり!!

[PR]
Commented by quunuu at 2016-11-11 21:10
こんばんは^^
鮭づくしご飯ですね^^
はい!!またよだれが~~~

鮭の焼き漬けいいあんばいだこと^^
昆布ね!!
これはいいね^^
鮭のあら汁も美味しそう~~~

汁の鮭と鱈の頭・・・大好き!!
半世紀近く前?の新婚の頃
姑が作ってくれたホッケの頭がいっぱいの汁物
最初はビジュアル的にびっくりポンでしてね
だってね・・・三平皿にホッケの頭がたくさんなんですよ^^
でも、それが美味しいの!!
適度な脂があって、出汁も美味しくてね
身の方は塩して干物に・・・
頭は一塩してから三平汁にしてくれたのね^^
今はもう食べることができない
懐かしい料理です(^^♪

Commented by akisiko at 2016-11-11 21:45
>quunuuさん
ホッケの頭の三平汁!おいしそうですねー。魚の汁でじゃがいもとにんじんを煮て塩味、シンプルかつ滋味深い、土地の味覚ですね。
恥ずかしながら、三平皿って知りませんでした。
ネットで調べてみたら、うちにもあるじゃありませんか。中古品屋で買って、煮物を入れる小鉢として使っている器でした。
ああ、これ三平汁を食べるものなんだって、勉強になりました(^^;

半世紀近く前の北海道って、私は思いを馳せてしまうんですよ。
今とは全く違う生活と自然環境と文化があったんじゃないかと想像します。
でもおいしいものは意外と変わっていないんじゃないかなー、なんて。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2016-11-10 21:02 | | Comments(2)