KINDLING CRACKER

Nからの誕生日プレゼント。
d0051707_21290725.jpg
欲しかったんだよね、これ!
d0051707_21293292.jpg
これは何かというと、薪を小割にして焚き付けにするためのツール。

↑こういう風に使います
輪のなかに薪を入れ、ハンマーで叩くと上向きになった刃によって割られる。
斧とは上下反転した発想だ。
d0051707_21371126.jpg
ニュージーランドの女の子が発案したという、薪割り専用器具。
安全、早い、簡単という謳い文句そのままに、シンプルでいて使いやすい構造。

ダッチウエストを導入してから、焚き付け用に小割にした薪を思ったより多く消費するようになった。
焚き付けは大きな薪に着火するというのが本来の目的。
しかし鋳物薪ストーブの欠点である「着火から本燃焼まで時間がかかる」ことを克服するには焚き付けがキーであることが、一年使って分かった。
焚き付けを多く使うことによってストーブ本体の温度を早く上昇させ、そして熾きを早い段階で作ることがコツ。

ということでKINDLING CRACKERで薪の小割もらくらく。なはず。
とりあえず設置台を2×4材で作ろうと思います。

[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2016-10-16 21:30 | | Comments(0)