新潟港から富山県魚津市

午前6時、新潟港でフェリーを降りる。
まず向かったのは、弥彦村の弥彦神社。
d0051707_22122585.jpg
御神体である山は春雨に煙っている。
朝の社叢にはひんやりとした空気が流れている。
d0051707_22122549.jpg
その麓に静かに鎮座する弥彦神社は誠に荘厳。
本州を歩きはじめるにあたり、まず参拝をして気分がさっぱりした。
d0051707_21152028.jpg
それから日本海沿いに南下していく。
昼食は道の駅にて「地場漁師丼」と「えび汁」。
リーズナブルかつ新鮮!
d0051707_22122593.jpg
3連休中日だけあって、あちこちで春の海の幸を楽しむイベントが行われていた。
d0051707_22122341.jpg
黒部市ではYKKの見学施設に行くつもりだったのだけど、土日月は休みで断念。
近くの湧水群を見に行ったり、ホタルイカミュージアムで生体の発光を見学したり。
d0051707_22122358.jpg
本日の宿は銭湯に付属の民宿で、自炊が可能。
近隣の気になる海産物を買い求めて、部屋で味わうことにした。
d0051707_22122392.jpg
本場のホタルイカのボイルはやっぱり別物。その生態を学んできたから、っていうのもあるかな。
フクラギの干物は、大きいのにニーキュッパと激安。食べてみたら脂がのっていないからだと合点したけど、あっさりしているのもいいものです。
d0051707_22122496.jpg
ノドグロの昆布じめ。
d0051707_22122443.jpg
ニギスのすり身で味噌汁を作った。

主食が魚、というくらい美味しい海産物を食べまくって、この旅の出だしはまずまず順調。

[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2016-03-20 20:28 | 北陸〈2016〉 | Comments(0)