貧乏正月の食卓より

ここ数日食べていたもの…
d0051707_16554951.jpg
雄武の漁師の味、飯寿司
d0051707_16554906.jpg
群馬の養魚場で覚えて以来、サケマスの料理法では飯寿司と並んでこれが一番好き
秋鮭の頭の味噌焼き
d0051707_16554939.jpg
秋鮭白子のニンニクムニエル
d0051707_16561945.jpg
元旦の朝、質素かつ正しい朝ごはん
d0051707_16554986.jpg
唯一おせちっぽい常備菜 白花豆とこんにゃく
d0051707_16561939.jpg
鹿肉のすき焼き
d0051707_16562091.jpg
残りの鹿肉とこんにゃくとごぼうの煮込み
d0051707_16561948.jpg
手製にぎり第2弾はなんと!雄武からいただいた鮭児!人生初の鮭児のにぎりかな。それとしめさば。
脂がのってなめらかな舌触り。確かに旨い。
脂の中にシロザケ特有のにおいがする。それを臭みととるか、旨さととるかは食べる人次第。

お粗末さまでした…

[PR]
Commented by koi at 2016-01-06 13:56 x
海の幸、山の幸満載ですね。
どれも命あるものを頂くのだから
美味しく食べてあげなくちゃいけませんよね。




と、正統派のコメントを書いておきます(冷汗)
Commented by akisiko at 2016-01-08 18:53
>koiさん 
これぞ北海道の味覚という素材を堪能しました。
しかも、多くの道民の方にとってもそれほどなじみがないのではないか、というものをいただきました。
ありがたいことです。

魚に関しては、内臓から頭から味わい尽くしますからねー。
秋鮭も本望であろうと思います(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2016-01-04 17:25 | | Comments(2)