あいつが十勝にやってきた

大学の同級生である彼は、釣りを愛するあまり、それを生業にしてしまった男。
いまや釣り業界の第一線を担ってパワフルに働いているのだが、プライベートでも釣りのことしか考えていないらしい。
d0051707_21445914.jpg
連絡があったのは6月下旬。
「お盆休み、お前のところに釣りに行きたいんだけど…」
d0051707_02552780.jpg
もちろんこちらは大歓迎。
はるばる東京から会いに来てくれた。
d0051707_02552837.jpg
このところ道内の天気は不安定。
各地で大雨が降っていたが、事前にピックアップしておいた河川には致命的な影響がなく、むしろ絶好のコンディションをもって我々を迎え入れてくれた。
d0051707_23302511.jpg


いつも一人で釣りに行く私にとって、誰かと一緒に川を歩くということ自体が新鮮なのだが、彼との釣りはさらに刺激を受けることになる。

常に熟練のアングラーと仕事をともにしてその腕を間近で見ているだけに、彼もやはり釣りがうまい。
幾多の釣り場を経験してきたことから生まれる洞察力、そして彼なりの哲学。

存在感の強い男だ。
d0051707_02555970.jpg
一方で、魚を見る目はとても無邪気で、その輝きはきっと子供の頃から変わっていないのだろう。
そんな彼と、川の流れる音に負けないように大声で話しながら、魚を釣っては笑い合う。
大の大人がくたくたになるまで2日間、遊びまくってしまった。
d0051707_02560070.jpg
持つべきものは友人、そして自然と遊ぶ術。
また会おう。その時まで野山や海に、通い続けよう。

[PR]
Commented by あいつ at 2015-08-18 19:20 x
東京に帰ってきた。
もう北海道に戻りたい…。
気温差も凄いけど、都会の人との温度差に悩みそう…。おかしくなりそうな時、また一緒に川を歩こう。
Commented by akisiko at 2015-08-19 05:58
>あいつ

大丈夫。心の栄養、たっぷり摂ったべ?
足りなくなったらまた処方しますので。

こちらは寒くなっちゃったよ。夏も終わりか…
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2015-08-14 22:00 | | Comments(2)