【NZ旅日記 6/10】Hokitika

4月2日
d0051707_16445540.jpg
荷物をまとめてLake Brunner Country Motel & Holiday Parkをでる。
ふと立ち寄って決めた宿だったけれど、居心地が良くて4泊もしてしまった。
私たちが滞在している間にはほかのお客が少なくて、とても静かだったのが何よりよかった。
前述したように設備は最低限でシンプルだけれど、不便なことはない。wifiは24時間で5ドル。1日だけ使用した。
Lake Brunnerの湖畔にある小さな集落・Moanaは別荘地のような雰囲気だった。
この宿は集落から少し離れたところにあったけれど、町の中には別のHoliday Parkが1軒にホテルが一軒、レストランが一軒、あとはボートハーバーと列車の駅がある。
それから幹線沿いにガソリンスタンド兼雑貨屋が一つあって、少しの食料ならば売っている。
パンなどを買い足す私たちには強い味方だった。
ここが閉まっていたら、ガソリンも食料もGreymouthまで買いにいかなければならない。

Moanaの周辺には釣るべき川が多くあって、アクセスも1時間以内と近い。
どうせなら期間中ずっとここでもいいくらいだったのだけれど、せっかくの旅だし今日は移動。

目的地はHokitikaという沿岸の街で、ここから2時間と遠くはない。
そこで午前中を釣りにあてる。
d0051707_16542123.jpg
時間があまりないので、場所がわかっていてアクセスが容易なところがいい。
向かったのは上流部で桃源郷を見たCrooked River。
偵察した橋からアクセスすることに。
d0051707_16542163.jpg
やはり魚は多い。ひとつの淵の中に数尾見つけることができるけれども、やっぱり神経質で勝負させてもらえない。
そして荒い渓相、高巻こうと思えば次第に密度が濃くなる雲霧林。
ヤブ漕ぎの時間ばかり長くなって遡行スピードが落ちてきたので、この区間をあきらめ、一つ下の橋に移動。
d0051707_18183649.jpg
雲はしだいに低くなって、ついに細かい雨が降り出した。
サイトフィッシングには悪条件。どんなに目をこらしても見えない瀬は飛ばして、淵に向かう。
魚影の濃いこの川、そこにははたして数尾のブラウンが待っているのだが、やはりフライを投げるとぷいっといなくなってしまう。
いったい何がいけないのか、どうやったら相手をしてもらえるのか、わからないまま時刻は正午になる。

今日も魚を手にできないのは心残りだけれど、気持ちを釣りから旅行モードに切り替えてGreymouthへ向かう。

街へ降りてスーパーマーケットへ向かうと、駐車場はほとんど満車でひっきりなしに車が入ってくる。
今日は木曜日だけれど、すでにイースターの連休に入っているようだ。

少し勝手がわかってきたスーパーマーケットで以下の品々を購入。

トマト カリフラワー レタス 
キウィ リンゴ
ミートソース缶詰
パスタソース
ソーセージ ハム
インスタントスープ
ブルーチーズ
ショートパスタ
ポテトチップス
ワイン
コーヒー
マヨネーズ
しめて70NZD

キウィフルーツは中国原産のマタタビの一種を、ニュージーランドで品種改良したものだそう。
買ったのはゴールデンキウィという品種だったけれど、とてもおいしかった。

それから釣具屋に立ち寄り、これから向かうHokitika周辺の地形図を一冊買う。
店員のお兄さんから、Hokitikaの川の情報を少しもらう。
Crooked Riverの魚たちはとても神経質だったと言ったら、わかるよ、みたいなかんじでひとしきり笑ったあと、神経質じゃない魚もいるし釣る人は釣ってるぜみたいなことを言っていた。

Greymouthから海岸沿いを南下して、ほどなくHokitikaの街に着く。
Greymouthとおなじくらいの街の規模だが、こちらのほうが活気がある。
空港があることもあって氷河やトレッキングといった観光の拠点になっているようで、ホリデイシーズンである今、特ににぎわっているようだ。

i-SITEという観光インフォメーションセンターにいって宿泊地の情報をもらう。
いくつかあるHoliday Parkを回るが、安いキャビンはどこも空いていない。
最後に訪れたのはなんだか流行ってなさそうな、SEA VIEW LODGE
d0051707_08375327.jpg
d0051707_08375336.jpg

d0051707_08375378.jpg
なんだか古めかしくて薄暗い。
ホリデイシーズンでにぎわう町を後目に、ほかの客は誰もいないみたい。
おばあさんが一人で運営している模様。
なんだか村上春樹の小説にでも出てきそうな雰囲気で、私は一目で気に入ってしまった。
d0051707_08375354.jpg
Holiday Parkではなく普通のホテルだが、共同キッチンやダイニングルームがついているから自炊も安心。
d0051707_08545028.jpg
調度品がいちいち古めかしくて面白い。
ダブルもツインも同じ値段で、一人45NZD。
d0051707_08375335.jpg
海岸段丘の上にあるから海が一望。憧れのオーシャンビューか。
私たちはこのロッジを勝手に「丘の上ホテル」と名づけた。

それにしてもなぜほかの客がいないのか?
何か訳アリなのか?あのおばあさん、ちょっと怖いよね、などと勝手なことを思いつつ、今日の宿が決まったことに安堵。

夕方、付近の川を偵察して一日が終わる。
d0051707_08375318.jpg
夕食はいつもパスタ。
スーパーで買った生ソーセージが最高。つまみに買ったブルーチーズも、カリフラワーも非常に美味。
これまでのところ、軽食を買い食いしているものの、外食は一切していない。

[PR]
Commented by tokyo_nature at 2015-04-15 10:20 x
くーっ、悔しさ伝わってくるね…。
国内ならなんてことない一匹でも、海外だと悔しすぎるよね。
サイトの釣りは萌えるよね…。見つけてからの緊張感はハンパない。
Commented by akisiko at 2015-04-16 06:15
>tokyo_nature
自分の技術のなさをネットに晒してしまって恥ずかしい限りだけれど、事実だから仕方がない…
一日一回のチャンスを獲れないもどかしさといったら…

サイトの釣りは本当にドキドキするね!
1対1で真剣勝負、大好きです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2015-04-14 06:00 | NZ〈2015〉 | Comments(2)