アダムスパラシュート・甲殻類ウェット

この冬は体力気力を充電することが多くて、インドア・フィッシングが捗ります。
今日もそんな一日。
天候は荒れ模様につき、朝イチで雪かきをした後は家にこもってフライを巻きためました。
d0051707_20160388.jpg
アダムス・パラシュート#10および#12はNZ用。
これはインジケーターとして使うのです。ニンフをぶら下げるわけです。なんのこっちゃ、ですね。
d0051707_20160386.jpg
ポストは備前さんスタイル。人間からはオレンジが見えるけど、魚からは見えない…と期待して。
d0051707_20160340.jpg
10本ほどパラシュートを巻いたら疲れちゃったので、気分転換に北海道のアメマスに使うパターンを補充。
春の河口ではサケ稚魚か甲殻類か。
甲殻類を捕食しているときに実績ありのパターン。別にこれじゃなくてもいいんですが。
d0051707_20160425.jpg
レオンのヘンネックをボディハックルとフラットウィングに使っておりまして、透明感がいい感じ。
なんのこっちゃ、ですね。

居間から眺めるバードフィーダーにはシメが一羽。防風林のトドマツには雪がのっこり乗っていました。


[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2015-02-27 20:31 | | Comments(0)