薪の引っ越し

d0051707_16582880.jpg
少しずつ山から集めていた薪材がたまってきた。
この冬の間に今の住宅から引っ越す予定なので、まずは薪の引っ越し。
d0051707_16582817.jpg
ついでに薪尺に切ってしまう。
すっかりおっさんになった自らの姿といい、年代物のNの愛車といい、いったいいつの時代の写真なのかと。
なんだか物悲しくなるような光景ですが…
しかし、こんな泥臭い暮らしを送っている自分が結構好きだったりします。
d0051707_16582870.jpg
新居予定の敷地内にある倉庫も、我々にお似合いの年代物。
こっちにもすでに集めてきた広葉樹がストックしてあって、これだけあれば来年の冬も越せそうな量があります。
山仕事が始まる前の朝イチや休憩時間や昼休み。そんな合間の時間に薪を切ったり車に積んだりして山から運び出し、今週はへとへとになりました。
しかし薪ストーブユーザーにとって十分な貯えがあるかどうかが心の安らぎにつながるのです。ああ、これで暖の心配はないんだって。
そして、もったいないからってケチって焚いていては薪を焚く意味がありません。

でも安心するのはまだ早い。この薪を割るのも積むのも、ひと苦労。そして収納場所を考えなくちゃ。

[PR]
Commented by WiserTime at 2014-11-03 21:45
こんばんは。
無事にお引越し先決まったのですね・・・よかったですね。
どういうところか気になります。
サニトラ自分も大好きです。しかも今、実用車として最大限使われてて
素晴らしいとおもいます!





Commented by akisiko at 2014-11-03 22:19
>WiserTimeさん
こんばんは。
ようやく住むところが見つかりましたが、引っ越しに手を付けるのはもう少し先になりそうです。
新居はこのあたりでよく見かける農家の住居といった感じです。
町にはまあまあ近いです。
遠征ついでに泊まりに来てください。大歓迎ですよ!
サニトラは薪を積むにはかわいそうなくらい老いています。しかし不平を言わず走ってくれて、頭が上がりません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2014-11-02 17:44 | | Comments(2)