高気圧、うなだれる肩

家から最寄りの川もいよいよシーズンイン。
空き時間でのチョイ釣りでは小ニジが遊んでくれたりちょっと良い型をぽろっとばらしたりしていましたが…
d0051707_19574315.jpg
今日はこの川をじっくり釣ってみようと陽も高くなったころにスタート。
それにしてもいい天気、いい流れ。
d0051707_19574313.jpg
雪代が収まって水温が上がったこの時期に起こる、トビケラのスーパーハッチ。
ものすごい数のトビケラが川を覆い尽くすけれど、ドライにはまだ出ない。
昨年も悩まされたこの状況、どうやら毎年起こるみたい。

いろいろな流し方、いろいろなレンジを試しながら釣り歩くこと4時間。
万策尽きてこれしかないとウェットシステムを組みなおす。
リードにセッジパターン、ドロッパーにピーターロス、それにがん玉を2個追加。

いい感じのランを瀬頭から丹念に流し始める。
たまにコツコツ当たるのは気まぐれにライズしている小物なのか。
数十メートル釣り下って、やっぱり釣れないなぁと心の中で嘆いた直後。
フライラインが止まって反射的に竿を立てる。
重い感触、直後にリールを鳴らして疾走、ゴンゴンと首を振る、そしてポロッ。
d0051707_19574353.jpg
しばらく川に座り込んでしまいました。




[PR]
Commented by k at 2014-06-03 20:14 x
お疲れ様です^m^
鯉の件ですが、個体数がとても多い事が判明しまして
ちょっとやそっとの餌じゃ大きくならないようです。
鯉こくの道は遠いのだ。
Commented by akisiko at 2014-06-03 21:41
>Koi様
そうですよね。そんな気がしていました。
施肥をして池全体の栄養度を増したら酸欠の可能性があるし…
まず間引きますか!とりあえず唐揚げから・・・
私もサボって池に行ってないので見に行きまーすww
Commented by k at 2014-06-05 14:45 x
とりあえず、我が家は5匹で良いので。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2014-06-01 20:41 | | Comments(3)