市場はやっぱり面白い



d0051707_11030673.jpg
バンコクの服飾問屋街、パフラット市場。路上にも屋内にも埋め尽くすばかりの服、生地、アクセサリー素材。
良質な麻の生地が売っていると聞いてやってきましたが、残念ながら在庫なし。
Nはリネン生地を日本の半額くらいで買っていました。
d0051707_11030603.jpg
近くには秋葉原のような電気街もあり。
d0051707_11030711.jpg
どの市場でもその一角は花屋さんが集まっていて、南国ならではの色彩を店先に並べています。
お寺にささげる供物として大変需要があるようです。
d0051707_11030616.jpg
見慣れぬ食材がならぶ野菜や果物のエリアは何度訪れても飽きずに歩くことができます。
d0051707_11030687.jpg
タイ料理に重要なスパイス・レモングラスは束売り。
d0051707_11030791.jpg
インゲン、長い!
d0051707_11030736.jpg
タイ米もたくさんの品種があるようです。
d0051707_22371726.jpg
ニンニクも欠かすことができない食材で、大量に売っています。
d0051707_22344562.jpg
カレーペースト屋も必ずあります。この前を通るだけでスパイシーですよ。
d0051707_11030761.jpg
市場からの帰り道は運河経由。人々の暮らしが間近に見えるけれど、水質はかなり悪いです。
水しぶきがかかると現地の人でもばっちいと思うらしいです。
骨組みについている紐を引っ張るとブルーシートのカーテンがサッと上がって、しぶきをガードする仕組みになっていました。

環境や資源に対する問題はタイでも起こっているようです。
私が見る限りですが、かなり深刻だと推察します。
ただし、これは全人類的な問題なので国境を超えた考え方をしなければいけませんよね。

[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2014-04-05 11:37 | タイ〈2014〉 | Comments(0)