知らない川を釣る楽しみ

十勝平野には無数の川が走っている。
大河とよべるスケールの大きな流れから、平野を蛇行する川、山岳渓流、森の中をひっそりと流れる薮沢まで。

それぞれに特徴がある。
魚が棲み、釣りができる河川というのは様々な条件が重なった場所に存在する。

地図を眺めれば行ったことのない川ばかり。
どこへ行こうかと思案するのは至極楽しいものだ。

しらみつぶしに釣り歩いたなら何十年もかかるくらいの河川群が、半径100km圏内にあるだろう。
うちの裏の川一本ですらまだ川通しに歩いてないのだから。

この日は十勝川の有名支流のそのまた支流に突入してみることにした。
d0051707_21192654.jpg

出合い部分は開けているが
d0051707_21204648.jpg

すぐに倒木に覆われる薮沢になった。
d0051707_21213959.jpg

なかなか攻めにくいポイントが続くけれど、必ず魚は反応してくる。
d0051707_21224382.jpg

水量豊か、水温も低い。大雪の伏流水のなせる業。
d0051707_21253951.jpg

アベレージは小さいけれど、どの個体もよく肥えて頭が小さい。
すぐに本流に下ってさらに大きく育つだろう。
d0051707_2127891.jpg

若鱒をはぐくむオーバーハング。釣りきられない環境っていうのもこのご時世には大事。
d0051707_2135291.jpg

いつものフォームビートルが活躍する季節がやってきた。これからはこれ一本でいくよ!
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2013-07-29 21:31 | | Comments(0)