蝉毛鉤のタイイング

エゾハルゼミがジィジィと鳴く、北海道の初夏。
d0051707_22412328.jpg

d0051707_22413396.jpg


この巨大な昆虫が渓流や湖面に落ちる。それを見つけたニジマスがばっくりと大口を開けて飲みこむ・・・
そんなエキサイティングな光景を夢見つつ、セミパターンのフライをタイイング。
こちらのシケーダフライ動画を参考にしました)

d0051707_22125669.jpg

まずエクステンドボディを先に製作。
フォームを2枚切りだす。バイスに挟んだニードルを芯にして2枚を合わせる。
体節を作りながら巻いていく。
ハーフヒッチしてニードルからすぽっと抜く。
d0051707_2224590.jpg

エクステンドボディをフックに固定。2枚のフォームの間から針をさす。
フックシャンクに瞬間接着剤を一滴。
d0051707_22255512.jpg

さらに体節を作ってボディ部完成。
体節部のスレッドやフォームの隙間などを瞬間接着剤で補強。
d0051707_22285151.jpg

ラバーレッグを取り付ける。微波動担当。
けっこうゴキ・・・いや、セミっぽくなってきた。
d0051707_22295464.jpg

アンダーウィングはCDCを4枚。浮力ともさもさ感担当。
d0051707_22322627.jpg

今回はおまけで目玉を付けた。アイはリーダーバット部を短く切って、両端をライターであぶる。釣果に影響なし。自己満足担当。
d0051707_22335084.jpg

オーバーウィングはエゾシカの毛。さらなる浮力とフロータント吸着担当。
エゾシカの毛は釣れるマテリアルだけれど、このフライでは魚のビジョンに入らない位置にあるので効果薄。
マドラーヘッドにしたいけれど、タイイング時間短縮を優先。
d0051707_22382634.jpg

そして完成。頭部と胸部のスレッドワークに失敗したのでここら辺はさらに瞬間接着剤で補強しておく。

さてこのフライ、釣れるかどうかはまったく保障できません。だってまだ使ってないもの。
ハマる状況なら出るだろうけれど、汎用性は・・・そしてフッキングは・・・
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2013-06-15 22:42 | | Comments(0)