春のダム湖と銀色ニジマス

d0051707_20262735.jpg

車にゴムボートを積みこんで、行ったことのないリザーバーで遊んでみる。
芽吹き始めたばかりのヤナギの木。雪代ですこし白みがかった湖水。

ようやく暖かくなってきて、そとにいるだけで楽しくなってくる・・・そんな季節。
d0051707_20382720.jpg

今季初のニジマス。
この時期はインレットに魚が集まっているから、魚を探すのは簡単。
しかし、釣れるのは小型、そして魚体は銀ピカの回遊タイプばかりだった。
d0051707_20473935.jpg


連れのNにはスピニングロッドにフライのダウンショットリグをに組んでみる。
ボトムをとんとんと叩きながら底から30cmのタナを探ってゆく。
これが良く釣れる。
フライタックルでタイプ4の引っ張りよりもアタリは格段に多い。
リザーバーではかなりの深場でも底近くに群れがいる・・・というのは経験済み。
手返しやアプローチや経済性を考えれば、フライよりこちらの方に軍配が上がるのは明らか。
d0051707_2050131.jpg

釣れた魚があまりにも旨そうだし初ものだし、数尾をキープすることにした。
いつもは内水面リリース派なんだけど、たまには食べるのもいいでしょう。
20cm前後のニジマスなら、まずいはずがない。
明日にはべネズエラ風に料理して頂きます。

d0051707_2052549.jpg

さて、昼には釣りを終えて上陸し、野外で昼食。
ギョウジャニンニクとシメジのラーメン。即席めんはもちろんマルちゃん正麺!
d0051707_20545531.jpg

その後、山菜を探しながら山を降りる。
北海道はこれから生命が萌える季節。一瞬を大事にしたい。
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2013-05-19 20:58 | | Comments(0)