素人によるエバ釣り指南

屋久島では「エバ」と呼ばれる魚をずいぶん釣りました。
エバとはギンガメアジの幼魚。関東や東海では「メッキ」と言いますね。

子供たちは学校帰りの遊びに、おばちゃんたちは晩ご飯のおかず目当てに、
とてもポピュラーな釣りです。

屋久島の港で朝晩エバを釣ってきたその結果を、ここで伝授・・・
d0051707_10481357.jpg




まずポイントは河口域や漁港、テトラ周りなど。
幼魚期にはこういった浅場や汽水域に群れているので、魚影を探すのには苦労しません。

潮はそれほど関係ないもよう。干潮でも満潮でもOK。
ルアーの場合夜釣りで釣れたことはありません。夜にはまったく反応がなくなります。

私はルアーでしか狙わないのだけれど、もちろん餌釣りのほうが分があります。
屋久島ではカゴ付きのサビキで釣っているのをよく見るけれど、延べ竿に棒ウキ+一本バリのほうが面白いと思うけどな。
それから「ネズミ」という波しぶきを立てながら引いてくるウキにサビキをつけたもの。これが最強。ワンキャストで5匹釣ったのを見たことがあります。

私が使うルアーは「Pop Queen」というポッパー・50mm。これ一本です。
ミノーやメタルジグも試したけど、トップへの反応のほうが断然よい。
活性の高いときには着水後ワンアクションでヒットします。
d0051707_10403998.jpg

Pop Queen (Maria Office) シーバス・チヌ・青物、なんでも効く優れもの

少し早めのリーリングのあいだ竿先で細かくアクションを加えると、水面を割ってボシャっと喰ってきます。エバ釣りはこれが面白い。

魚がいれば必ず何らかの反応があるので、群れを探して歩きながらどんどん投げる。
そしてここがルアーの弱みなのだけれど、けっこうすぐに飽きられてしまうこと。
大きな群れに当たって10尾以上立て続けに釣ったこともあるけれど、ひとつの群れから2,3尾釣るとだいたい反応がなくなってしまう。

反応がなくなったら次の群れを探して歩くか、少し場所を休ませる。

さすがアジ科だけあって、体は小さくても小気味良い引きを見せます。
時期と場所がよければ30~40cmクラスがあがるとのこと。
こいつを期待しているのですが・・・

エバは刺身、塩焼き、煮付け、なんでもおいしく食べられます。
私は昆布と塩で煮て、ちょっとしょうゆをたらしたのがお気に入り。
d0051707_1105378.jpg

名づけて「エバ汁」 海辺で食べるこいつは最高

[PR]
Commented by 火精人キム at 2005-10-07 21:11 x
う~~ん、久しぶりに遊びに来たら、知らぬうちにまた面白そうな遊びをしてるな・・・。

自分で釣った魚を自分で料理して外で食べるなんて、なんて贅沢なんや~~~。

俺もやりたい・・・・(ノд-。)

キム
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2005-09-22 11:08 | | Comments(1)