小笠原母島でのいろいろな釣り

母島では大物を狙って毎朝毎晩ロッドを振った。
残念ながらまだ水温が低いということでビッグチャンスは訪れなかった。

けれども南の海では魚種が豊富で、バリエーションに富んだ釣りを毎日楽しむことができたのでした。

d0051707_2285677.jpg

夕方5時半から6時の間だけ釣れるカマス。
地元の方たちはよく知っていて、その時間になると港に集まって来て竿を出し始める。
d0051707_2285418.jpg

メタルジグをゆっくりと引くとゴゴン、ゴゴンとアタリが来る。
アベレージサイズが50cmくらいだから面白い。
群れの移動は早くて、ぱたぱたっと釣れたと思ったらすぐにいなくなってしまう。
あまりおいしくないのと評判だけれど、持ち帰って干物にしたらまあまあいける。

d0051707_2215124.jpg

夜釣りではメアジをまず釣って、これを生きたまま餌にして泳がせ釣りをする。
メアジの引きもなかなかパワフル。防波堤から尺サイズが釣れてしまうからすごい。
盛期には入れ食いになるようだ。
サビキにメタルジグを付けた「ジギングサビキ」で広い範囲を探りながら釣る。
画像のアジはジグに喰ってますね。これも驚き。

メアジも食味の方は評判が悪い。刺身にしても固いので、ナメロウにすると良いらしい。

d0051707_22472470.jpg

そのアジの泳がせで釣り上げたのはネムリブカというサメ。
友人曰く「ここに来たからには一度は経験しないと」。そこで半ば狙って釣った。
d0051707_22232769.jpg

昼間に浅瀬を見ると、このネムリブカが並んで昼寝しているのが見える。
これだけたくさんいるのだから、釣れてしまうのは必然。
d0051707_22232098.jpg

重いファイトを経験させてもらったのち、優しくリリース。1.2mくらいあったかな。

d0051707_2221092.jpg

カンパチなどの青物狙いで投げ続けたミノーに、最終日にアタックしてくれたダツ。
d0051707_22262884.jpg

眠気をこらえて朝釣りに行った私を慰めてくれたのでしょうか。

母島を去った翌日、友人からメールが。
d0051707_22374028.jpg

前浜で地元の人が釣ったという17kgのカンパチ。
釣りなんてこんなもんだ。とほほ。
しかし、こんな大型魚がショアから(しかもオジサンやオバサンが井戸端会議をしているようなそこらへんで)釣れてしまうんだからすごい。
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2013-03-13 21:20 | 小笠原〈2013〉 | Comments(0)