鹿児島県 屋久島 宮之浦川河口の一日

〈5:50〉
釣りをしようとセットした目覚ましがなる。
が、昨夜遅くまで釣りをしていたせいか、やたらと眠い。
車窓から川を見ると、思ったより潮が引いている。
ので、また寝てしまう。



〈8:30〉
また寝坊をした。
昨夜は涼しくて、久しぶりにシュラフを出して寝た。
目が覚めるまでメールなどを読む。
試しに少し竿を出してみる。釣り場までは徒歩10秒。
昨日は群れをなしてルアーに追ってきたエバ(ギンガメアジ幼魚)が、今日は何の反応もない。
だが満潮まではまだ時間がある。

〈10:00〉
水場まで車で移動して洗濯、食器洗いなどをする。
ついでに明日の登山のための食料を買いに行く。

〈11:00〉
河口に戻る。
登山ルートを調べて計画を立てる。
2泊3日でのんびり歩くコースを取った。

〈12:00〉
潮が満ちてきた。竿を持って探りながら歩く。
1mはあろうかという巨大ダツが多く見える。ミノーに追ってくるが食わない。やっとかけたのは30cmほどの小物だった。干物にすると旨いという話に心を動かされるがリリース。
アオリイカもずいぶん居る。エバの反応はやっぱりない。

電動車イスのじいさんが今日も釣りに来る。しばし情報交換をする。じいさんにも今日はアタリが無い。
「山登りより釣りのほうがいい」ということで意見が一致する。
まあ、車イスならそうだろうけど。

〈14:00〉
近くの観光センターに登山届けを出す。
その後ザックに荷物を準備する。シュラフ、雨具、炊事用具など。

〈15:30〉
昨日一緒に釣りをした小学生(りょう・三年生)が、さっそうとやってくる。
ティップの折れた竿と昨日使い古しのラインを巻きなおしてあげたリールを携えて。
二人で橋げたの上から大きいチヌを発見してはしゃぐ。
「ルアーは魚が追ってくるのが見えるから楽しい」
「今日は水がトーメイ過ぎるから釣れないんだね」
など、前途有望な発言をする。

〈17:00〉
どうやっても釣れないので、あきらめて温泉に行く。
小さい風呂が大変混雑していて、ゆっくり浸かれなかった。

〈18:30〉
明朝の入山地点である白谷雲水峡まで行って車泊することにする。
酒を飲みながら登山準備の仕上げをする。
人がいないし静かなのですこぶる良い気分になる。
星がとってもよく見える。久しぶりにこんなにたくさんの星を見た。
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2005-09-13 21:53 | | Comments(0)