宮崎県 日向市 塩見川

西表の川で釣りをして以来、河口域というものがとても気になるようになった。

いままで河口といえば、都市部のコンクリートに四角く切られた、生物の気配のないような汚れた地域だと思っていた。
もちろん、そんなものは自然の姿ではない。
私が見た河口の汽水域は、大型の生物が足元を埋め尽くすようにうごめき、有機物の循環を高スピードで行っている姿だった。

植物が天と地を結び、小動物たちは泥を掘り起こし、一日二回、潮がすべてを海へ山へと運ぶ。



車を預けてあった宮崎の日向市に沖縄から戻り、すぐさま近くの塩見川に釣りに行った。
街なかを流れる川の河口域だが、護岸から川に降りると生き物の原へと変わった。

足を踏み出せばカニがわらわらと逃げる。歩の先を埋め尽くすのはカニの作った砂玉。空気中に適応したハゼ類も見える。浅い河底にはアマモが繁茂している。満潮時には根本が水没する葦原。

栄養の豊かな川だ。

干潮時には海に向かって流れ、満潮時には上流へ逆流する。
海と山とがここで出会う。
d0051707_036401.jpg

塩見川に3日間通ってやっと獲ったキチヌ・りりしい顔をした河口域の住人

[PR]
Commented by 塩見直紀(半農半X研究所) at 2005-09-02 08:56 x
こんにちは!いま宮崎ですか!塩見岳(南アルプスの3000M級)は知っていたけれど、「塩見川」というのがあるのですね!初めて知りました!いつか行きたいです。宮崎の綾町は行きましたか?郷田元町長のミッション、感じていってください。すてきな旅を!
Commented by akisiko at 2005-09-02 09:21
> 塩見さん  
こんにちは!おかげさまで無事に旅を続けています。

そういえば塩見さんと同じ名を持つ川ですね。
昨日はこの川に立ちこんで釣りをしていましたが、上げ潮の時には海からの流れがさざなみを作り、「潮が見え」ましたよ。

綾町にはまだ行ってません。足を運んでみることにします。
増刊現代農業8月号にも九州内の記事が幾つか載っていましたね。
あちこちまわってみたいと思います。

ご訪問ありがとうございました!
Commented by 九州のとうちゃん at 2005-09-04 07:29 x
来たぞ来たぞ。大物です。しかも、影響は昨夜から7日くらいまでは続くでしょう。いったん、戻ってきて避難してたほうがいいよ。
Commented by tossy at 2005-09-06 05:57 x
マジで台風やばそうじゃん・・・宮崎。大丈夫なの?
Commented by akisiko at 2005-09-07 15:40
> tossy
台風一過。浸水したあと後片付けに追われる街を通過してきた。
諸行無常。
おれは無事。おかげさまで。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2005-09-02 00:36 | | Comments(5)