近くにもいるオショロコマ

家から一時間も走らないところに、オショロコマが棲む川がある。
それってすごく豊かな自然の近くに自分が住んでいる証拠。
裏山に奥深さがある安堵感。
d0051707_18523732.jpg

日曜日の朝早く、源流を目指して車を走らせていった。
今日は朝だけ釣行。
体も疲れているし、大きいニジマスを血眼になって探す釣りもしんどかった。
d0051707_1903749.jpg

森のなかを蛇行しながら流れる渓流は、濃密な緑の匂いがした。
その甘い香りは懐かしいような匂いがして、何度も深呼吸をしたくなる。
d0051707_1922144.jpg

ひさしぶりに3番ロッドを持ち出して、ドライフライのたたき上がりの釣り。
低番手のラインを木の枝の隙間を縫いながら繰り出してゆく。
不注意で引っかけてしまうことも多いのだが、
「ここは!」というポイントに落とせば、はたしてオショロコマが飛び出してきた。
d0051707_19392541.jpg

癒されるなあ。
なんと華麗な宝石をこの川は持っていることか!
d0051707_1985371.jpg

一尾釣るごとにほくそ笑んでしまうかわいい魚。

今日ここに来てよかった。

d0051707_19105828.jpg

しかし彼らの生息域も限られたもの。
この十勝管内の水系では発電ダムが目立ち、川の流れは無残に分断されている。
山間を走るアスファルト道も、無用だと思えるものが多い。
オショロコマが棲む豊かな森は、あとどのくらい残されているのか。
[PR]
Commented by nokky at 2012-07-03 23:40 x
これはこれは。
スバラシイ渓相ですなぁ。
谷の渓流しか見たこと無いから新鮮。
近くでもオショロコマ釣れるんだね。
あー早く行きたい。
子供たちは図鑑をみてオショロコマと言ってやるとウケてます。
響きが面白いみたい。
Commented by akisiko at 2012-07-04 06:24
>Nokky 
針広混交林を流れる川は癒し効果抜群です。
北海道にもまだまだいいところがあるんだな。
待ってますよ。

オショロコマ、たしかに変な名前だよね。
2人が笑っている姿が目に浮かびます・・・
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2012-07-01 19:22 | | Comments(2)