さらばオーロラ

d0051707_18592937.jpg

オーロラの観察は運と根気。いくつかの条件が重ならなければオーロラは見ることができない。
まず、自分の頭上の大気圏上にオーロラが発生していること。
それから、視界を遮る雲がないこと。
車と情報と土地勘があれば、観察ポイントを探して走り回ることもできる。

でも私たちはロッジで時間をつぶしながら、すごいやつが現れないかと一晩中待つという作戦しかなかった。

滞在の後半は薄曇りの日が続いてうらめしい思いをしながら待ち時間を過ごすことが多かった。
地元新聞には「巨大オーロラ出現」という見出しと綺麗な写真が一面に載り強い磁気嵐のことを報じていたから、雲の上にはもしかしたらすばらしい光が現れていたのかもしれない。

そんな好条件を逃すまいと、シャンダラー・ランチの滞在を一日伸ばしてがんばったけれど、最終日の夜も曇り空だった。

しかしながら、一週間の滞在中には程度の差こそあれ毎日オーロラの光を見ることができたから、結構運のいい方だったのだと思うし、2日目にみた数分間の光景 ー 頭のすぐ上で色を変えながらうごめくオーロラは本当に素晴らしかった。

今日はまた太平洋を渡ってハワイへ戻っている。
さらばオーロラ。また会えるといいな。
さらばアラスカ。君にはまた会いに来るよ。
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2012-01-26 23:58 | アラスカ〈2012〉 | Comments(0)