【6月19日・7月3日】 ダム湖に浮かんで初夏の釣り

年忘れ、未練がましく振り返る今シーズンの釣り・・・

新緑がまぶしすぎる北海道の夏。
d0051707_9521070.jpg

小さなダム湖にフローターを浮かべてのんびりとニジマスと遊ぶ季節がやってきた。
d0051707_9521324.jpg

静かな湖面にぽかりと浮かんで竿を振る。なんとも贅沢な時間。
しかしこの釣り、やってみると心の中はそんなにのんびりしたものではない。
魚の着き場や活性はその日によって違う。
どこに魚がいるのか?どういう釣り方に反応するのか?フライの色は?大きさは??タナは???
それらがうまくかみ合えば一投一尾状態になるけれど、釣れないときはまったく釣れない。

広い湖面の向こうの方で、他の釣り人の竿が曲がっているのが見える。
あちらは釣れているのにこちらは駄目。
あっちのポイントの方がいいのか?ドライで釣っているのか、沈めているのか?

「なんで俺には釣れないの?」

なんて心が迷い始めたら、手元も落ち着かなくなってますます釣れなくなってしまうわけで。

ベタ凪、ピーカンの釣れない時間が続いて相変わらずノーフィッシュ。
ラインをフルシンクのタイプ4にかえて深場を探る。
タイプ4でカウント20だからかなり沈んでいるはず。
キャストとリトリーブを繰り返しながら湖を半周したところで、突然ひったくられるようなアタリ。
50upの立派なニジ。
d0051707_9521564.jpg

こういうのが一尾でも釣れてしまうと、それまでの心の迷いはいっさい吹き飛んで急にご機嫌になる。
なんだ、こういうところにいるのね。
心に余裕が出てくると立て続けにアタリも出るもので。
d0051707_9522349.jpg

日が傾くころには体も心もクタクタになっているのです。
[PR]
Commented by yanbaidesu at 2011-12-30 06:23 x
おはようございます。

湖の釣りは簡単そうに見えて、なかなか難しいのですね、、、

思い出しました、十勝の友人にあるダムのリザーバーに連れて行ってもらったのですが、ショアーから狙ってライズはあるものの一向に釣れず苦労したのを覚えています。

でもいい魚ですね、、北の大地行ってみたい、、
Commented by akisiko at 2011-12-30 09:59
>Yanbaidesuさん
こんにちは。
かつての北海道というものを私は知らないのですが、
それでもいまもなお残る自然は素晴らしいです。
ポテンシャルが高いというか。
未知なる大物も夢見させてくれますよ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2011-12-29 10:18 | | Comments(2)