【11月20日】 初冬の十勝遠征

d0051707_20114679.jpg

冬の訪れも目前の11月、十勝川へ足を伸ばした。
広大な流れの中で狙うアメマス。いまだに釣り方がわからないのだけれど、今回はどうなるか。
休みを取って1泊2日でじっくり攻めてみることにした。
d0051707_20114999.jpg

流行のラインシステムを組んでみる。スペイ系のキャストができて、太い流れで底をとるのに特化したラインだ。
フライのほうは世で「イントルーダー」と呼ばれるパターンを作った。
フックとシャンクが別々になっていてナイロンコードで接続されているという構造。
アイには重いウェイトがついている。
フックサイズが小さくても大きいシルエットにすることができて、しかもフックが動くからバレにくい。
タイイングは自己流に。安価で動きのいいマラブー+テイルにワンポイントのオレンジ。
ラインの色と同じになったのはただの偶然。
d0051707_2011949.jpg

釣り初めて2時間、待望の一尾。チビアメだけどうれしい。
d0051707_20114086.jpg

直後にすこし良い型の50upがきた。が、痩せていてコンディションは良くない。
d0051707_20112332.jpg

そのあとは続かずひたすらキャストの時間が続く。
ふと見上げてみると十勝の広い空。
風もなく、11月とは思えないくらい暖かい陽射しがそそぐ。
釣れなくても幸せな時間を自然の中で過ごす。
d0051707_22573890.jpg

結局2日間ロッドを振りまくったけど、5尾しかアメマスには会えなかった。竿を絞り込むような大物にも出会えなかった。
でも満足。あの広い流れの中から、冷たく濁った水の中から、アメマスが私のヘタクソなキャストで送りこまれたフライを見つけてくれたというのは奇跡のように思えるから。
d0051707_20115184.jpg

グイウちゃんも、釣れてくれてありがとう。
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2011-11-24 22:55 | | Comments(0)