真夏のニジマスを釣る

d0051707_21502158.jpg

川面に涼風漂う八月の渓。

接岸しないカラフトマスに見切りをつけた午前の遅い時間。
それならばと川に向かう。なんて贅沢な環境でしょう。
d0051707_21551212.jpg

ウェットの釣り下りをメインに、大場所小場所を叩いてゆく。
同じポイントに長居は無用。
2キャスト以上は投げない。ほとんどの場合一発で出るはずだから。
とにかく投げては歩き、の繰り返し。
d0051707_21551878.jpg

d0051707_21551535.jpg

ビッグドライにも高反応。バクバク喰いつく・・・が、チビちゃんばかり。
d0051707_2241795.jpg

ウェットとドライを合わせて相当の数のニジマス君が相手をしてくれたけど、
30cmを越えることはなかった。

デカニジはどこへ行ったのか?
こんな夏の日の昼間には、安全なところに潜んでいるのだろう。
そして釣り人もいなくなった夕暮れに、おもむろに餌場へと出てくるのだろうね。
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2010-08-23 22:07 | | Comments(0)